30代ニートがこれまで就職できなかった原因

30代ニートの就職は難しいです。

それもそのはず、今まで就職してこなかったわけですから。

しかし、原因を突き止めればその限りではありません。

そこで今回は30代ニートがこれまで就職できなかった原因についてお伝えします。

原因を知って対策を打てば、きっと就職も決まるはず。

30代ニートがこれまで就職できなかった原因

きっかけがなかった

正直、きっかけがなければニートから正社員になることは難しいです。

裏を返せば就職に成功しているニートはみんなきっかけがあったということ。

「このままじゃまずいな…」と思えるきっかけがあったからこそ、就職活動するまでに至ったのです。

そういう意味でも今この記事を見ていることは非常に良い傾向と言えるでしょう。

きっかけがあって、就職に関して調べているのかもしれませんし、この記事がきっかけになるかもしれません。

とにかくきっかけというものはぶっちゃけ運です。

きっかけがこれまでなかったのは運がなかったとしか言いようがありません。

ぜひこれを機に就職を意識してみることをおすすめします。

継続しなかった

もしかしたら、1度就職を試みた人もいるでしょう。

中にはアルバイトしていた人もいるかもしれません。

それなのに、今ニートなのは途中でやめてしまったから。

結局、世の中継続力なりなのです。

とはいえ、無理に続けるのも難しい話です。

無理に続けることができないから、ニートをやっているのですから。

そのような続けることに自信がない人はとにかく身を任せ続けることをお勧めします。

やめることは決して悪いことではありません。

一番いけないのは、やめることでさえもやめることです。

何かをはじめていなければ、やめることはできないのですから。

マツコデラックスのことばを引用します。

流れに身を任せても良い。流れ着いた先で全力を出せば良いのだから。

そして気づいたらマツコは芸能界にいたとのこと。

人生何があるのかわからないのですから、流れることだけはやめないようにしましょう。

やめたって別に良いのです。

そこが自分の居場所じゃなかっただけの話です。

就職したくなかった

就職したくない人が就職することは不可能です。

特にニートであればなおさらでしょう。

中にはイヤイヤ就職できてしまう人もいます。

しかしニートは嫌なことが嫌だから就職することができないのです。

就職したい、社会に出たいと思うことが社会の第一歩と言えるでしょう。

ちなみに「就職しなきゃな」という思いはもはや、就職したくないけど就職したいという状態です。

そのような状態になればあとは実際に行動に移すだけ。

行動に移せば、就職そう遠くないでしょう。

20代ニートも30代ニートも関係ありません。

たまたま、就職するきっかけがなかっただけなのですから。