30代ニートは就職できるのか

30代ニートは就職できないと思いの方もいるでしょう。

しかし、決してそんなことはありません。

そこで今回は30代ニートの就職方法についてお伝えします。

30代ニートの就職方法

外に出る

どのくらいのレベルのニートかによりますが、まずは外へ出ましょう。

引きこもりニートで就職することだけは不可能です。

そして外に出るついでに、生活リズムも社会人用に戻しましょう。

大抵のニートが昼夜逆転してしまっています。

昼夜逆転は身体的にも精神的にもよくありません。

そんなわけで、就職をお考えの方はまずは規則正しく外出することからスタートしましょう。

ウォーキングでもランニングでも構いません。

とにかく規則正しく外に出ることが大切です。

早速就職活動を始める

規則正しく過ごすことと、外の世界になれたら、早速就職活動を行います。

もっと慎重にいきたい人ところですが、悠長にそんなことは言ってられません。

30代ニートなのですから。

しかも慎重になったところで、うまくいくとは限りません。

実際人は環境が創り出します。

さっさと環境に適応するためにも、飛び出し当てしまった方が手っ取りばやいでしょう。

派遣の仕事を探そう

ただし、忘れてはいけないのは30代ニートの就職ということ。

30代ですから当然20代に比べて仕事が少ないです。

しかし、解決法はあります。

まずは派遣の仕事から始めましょう。

派遣の仕事なら、30代でも見つかりますし、社会復帰のいい訓練になります。

さらにいうと、派遣の中でも紹介予定派遣で採用されれば最長半年で正社員になることができます。

ですから30代ニートは紹介予定派遣の仕事を見つけるようにしましょう。

30代ニートは就職できるのか

このステップにて数多くの30代ニートの方が就職に成功しています。

ですから、やり方さえ間違えなければ30代ニートでも就職できると言えるでしょう。

結局重要となるのが、紹介予定派遣の仕事を見つけること。

30代ニートはこれ以外の方法となると就職はかなり難しくなるでしょう。

なんせ30代の就職は即戦力が求められますから。

だからこそ、即戦力になり得ない場合は派遣から正社員を狙います。

そして最後はやはり諦めないことが重要です。

就職がうまく行かなかった人の全員が途中で諦めてしまっています。

これは裏を返せば諦めさえしなければ就職はなんとかなるということ。

会社が未経験者に求めていることはスキルではありません。

諦めない気持ちです。

というわけで、諦めずに内定をもらうまで就職活動を続けましょう。

そうすれば、いずれ採用は決まります。